バストが垂れてしまう原因とは?あなたも知らない筋肉とダイエット!

どのようにしたらバストアップ効果が発揮しやすいのか?実はあなたの間違ったダイエットが原因の可能性があります。
MENU

体脂肪率とバストアップ

洋服の上からバスト

20代の頃は食事はもちろん、間食で甘いケーキや脂っこいお菓子を食べても体重はそれほど気にならなかったものです。

 

あなたはそんあことありませんか?

 

しかし、40代・50代になると若い人と同じような食事の量を食べていたら体重はどんどん増えてしまいます。大体35歳付近を境に体質が変化していきます。

 

もちろん、体重増加は単に太るだけでなく、皮下脂肪や内臓脂肪が溜まりすぎて肥満の原因になりかねません。さらに体重が増えてくると高血圧や心筋梗塞・糖尿病などの生活習慣病の原因になります。なので、中高年の人は食事の量を控えめにして体重調整をする人が多いです。

 

ですが、安易に食事の量を減らしたり、抜いたりしてダイエットを続けていくとしまりのない体型やシワシワの肌になってしまって若々しさが無くなっていきます。

 

特に歳を取ってからの暴飲暴食は控えたほうがいいのはわかりますが、幾らダイエットをしても、筋肉量が減ってしまい基礎代謝を下げては痩せることはできません。痩せやすい体質になるためには筋肉を付けることが必要になってきます。

 

しかし、基礎代謝の低下の主な原因は体全体の筋肉量が減っていくからです。20代の若い人のダイエットは綺麗な体型を維持したまま痩せることができるは筋肉量が元々多いので、食事制限だけでも痩せやすいからです。但し、個人差があるので、20代でも筋肉量が少ない人は痩せづらい傾向があります。

 

またバストも同じで、バストが乗っかているのは筋肉や筋です。そのため女性だけに限らず男性でも年を取ると胸が垂れてきます。これは、バストのベースが元々筋肉の上で筋によってカタチを保っているためです。


ダイエットしながら簡単バストアップ

40代・50代の人が食事制限だけで体重を落としてしまうと更に筋肉量が減ってしまって、さらに不健康になって太りやすい体質になってしまいま時々、中高年の女性が無理な食制限をしてダイエットをした結果、筋肉も皮下脂肪も落ちてしまいガリガリに老けてしまっておばあちゃんのような肌質になってしまった人がいます。

 

また、極端な食事制限はリバウンドに悩まされてしまいます。

 

そうならないためにも太ももを始めとした、下半身の筋肉を増やすことをオススメします。

 

筋肉を増やすためには毎日30分以上の運動を続けていくと効果的です。というのも体の脂肪が燃え始める時間は運動を始めてから30分以上かかるからです。それでも、日常の生活に15分以上の簡単な有酸素運動を取り入れることで筋肉がついてくるのでダイエット効果につながってきます。

 

バストアップも、脂肪と筋肉が必要です。下半身の運動と併せて、上半身の筋肉を維持することで、年をとってもバストが垂れない美しいカタチを維持することができますヨ。

このページの先頭へ