ヒアルロン酸

プチ豊胸で使われているヒアルロン酸の種類について。手術をしないで自宅で簡単にできるバストアップ豊胸方法
MENU

ヒアルロン酸は、プチ豊胸でも使われるものですが、幾つかの種類があります。美容系医療機関で数多く使用しているヒアルロン酸には、主にSUB−Qやパーレイン、マンマリーヒアルといった種類があります。

 

このヒアルロン酸を作っている会社は、アメリカの企業です。アメリカ食品医薬品局の認可を受けて、プチ豊胸などに使われるヒアルロン酸が製造され、美容施設や医療機関に供給されています。一般的にプチ豊胸で使われているヒアルロン酸は、SUB−Qです。このSUB−Qは、これまでのヒアルロン酸に比較して分子構造が大きく、プチ豊胸などに使っても、持続効果が長く、一般的に約3年くらいはもつと云われています。

 

プチ豊胸を行う際には局所麻酔でヒアルロン酸の注入は行われます。尚、ヒアルロン酸のひとつであるパーレインは、粒子が非常に細かいため、豊胸施術の仕上がりが柔らかく、自然にバストアップした感じになるのが特徴です。

 

またマンマリーヒアルは、ヒアルロン酸の中でも粒子がより丸くソフトになっているのが特徴です。そのため触ると感触がとても柔らかく、マンマリーヒアル以外ののプチ豊胸を受けたあとにシコリのようなものが出来てしまった人にも良いようです。

 

実際にプチ豊胸でおこなうヒアルロン酸の注入方法は、バストの乳腺下部や乳腺の周囲の胸の奥に、乳腺の状態を確認しながら行います。通常、バストが普通の人よりも小さいと感じる多くの人が、この乳腺が発達していないため胸が小さいことが多いので、大切なのことはヒアルロン酸を注入する乳腺とバストの状態をちゃんと把握することです。。そのためプチ豊胸をする場合には、安易に人に任せず、納得のいくまで何回でも、説明をしっかり受けることをお勧めします。

プチ豊胸で使われているヒアルロン酸とは関連記事

ヒアルロン酸プチ豊胸のメリットとデメリット
ヒアルロン酸プチ豊胸のメリットとデメリット。手術をしないで自宅で簡単にできるバストアップ豊胸方法
このページの先頭へ