ヒアルロン酸 プチ豊胸

ヒアルロン酸プチ豊胸のメリットとデメリット。手術をしないで自宅で簡単にできるバストアップ豊胸方法
MENU

ヒアルロン酸バストアップのメリット

バストアップでヒアルロン酸を使うメリットは幾つかあります。今までの豊胸手術はシリコンや生理用食塩水などの異物を体内に入れるため手術と異物と云った大きな心配がありました。それに対してプチ豊胸はあまりメスを使わず、注射を使って体内にヒアルロン酸を注入するため、からだに痕跡が残ることがありません。元々ヒアルロン酸は液体なため、体内に注入する量や位置でバストアップする大きさの度合いが調整しやすいことがあります。

 

また手術も短時間でできることが大きなメリットです。注入するポイントを選んで大きくすることができるため、バストの形も、自分の好みで整形することができます。ヒアルロン酸は、元々体内で『保水』というバストの大きさと非常に密接な役割を担っています。

 

尚、ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれる身体にある成分なため身体に馴染みやすいといった特徴があります。そのためアレルギー反応や拒否反応がでることもほとんどありません。コラーゲンなどは材料によっては、あらかじめアレルギーテストが必要となりますが、ヒアルロン酸はそのような面倒や心配がなく、美容整形では顔や首といった箇所のシワ取りなどにも使われています。

 

ヒアルロン酸バストアップのデメリット

ヒアルロン酸を使ったバストアップのデメリットは、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう物質なため、バストアップ効果が3年くらいでほとんどなくなってしまうことです。

 

またバスとの整形には向いていますが、サイズを極端にアップさせることはできません。そのためシワとりなどのプチ整形に主にお用いられることが多く、妊娠後にバストが垂れてしまったような場合に特に向いています。

 

尚、プチ豊胸の相場は一般的に50万円以上と高額です。その上、プチ豊胸によるバストアップ効果は数年でなくなってしまうため、バスト形や大きさの維持には数年に一度の定期的な手術が必要なります。

ヒアルロン酸プチ豊胸のメリットとデメリット関連記事

プチ豊胸で使われているヒアルロン酸とは
プチ豊胸で使われているヒアルロン酸の種類について。手術をしないで自宅で簡単にできるバストアップ豊胸方法
このページの先頭へ